おうちアロマサロン&スクール sama-sama ではセラピストを目指す女性の方のために「ご相談・トライアルレッスン」を設けています。

セラピストになるにはどうしたらいい?資格が取得できる学校や講座をご紹介します

セラピストになるには
この記事は約9分で読めます。
優

りえさん、セラピストとはの記事を読んで、セラピストの概要は理解できました。
でも、セラピストになるには具体的にどうしたらいいのですか?
資格とか必要なんでしょうか?

りえ
りえ

セラピストになるのに資格は必ずしも必要ではありません。
ただ、資格がないとできないセラピーがあるので注意が必要です。
資格が必要なセラピーはおもに医療やリハビリの現場で活躍する方が多いですよ。

優

そうなんですね。これからセラピストの勉強をしようと思っているんですが、セラピーの種類もたくさんあるようなので、混乱しています。

りえ
りえ

そうだったんですね。では、この記事ではセラピストの資格やセラピストの種類、勉強方法について解説します。
この記事を読んで、自分がなりたいセラピストや勉強法を選んで下さいね。

優

はい、ありがとうございます!

セラピストになるためには資格は必要なの?

セラピストにはさまざまな種類がありますが、癒しを提供するセラピストのほとんどは民間資格です。
民間資格は、国家資格に比べて比較的簡単に取得できるものが多く、受講料も様々です。
民間資格を取得しても、どこでも通じるものではありません。
あくまで、学んだスクールの修了をした証明です。

一方、国家資格を持つセラピストはその目的、役割が違います。
自分がどんな分野で活躍したいかで、必要な資格を決めましょう。

セラピストになるには必ずしも資格は必要ではない

リラクゼーション系の「癒し」を目的とするセラピストの場合、必ずしも資格がないと働けないわけではありません。
勤務するサロンによっては、資格を条件とするところもありますが、「未経験OK」「資格不要」の求人の方が多いのが現状です。
セラピストの資格はたくさんの種類がありますが、これを持っていればどこでも通用する、という民間資格はないと言っても良いでしょう。

資格よりも実務経験や傾聴などの資質が問われる

お客様にとっては、肩書きや資格の種類の豊富さよりも、経験年数や実績数、指名数の方が現実的な指標となります。

また、セラピストは「治療」ではなく「癒し」の専門家です。
技術的なことだけではなく、お客様へのカウンセリング力、接客レベルやセラピスト自身の人柄も選ばれる条件に含まれます。
老若男女が対象となりますので、知見を広くしようとする向上心も必要でしょう。

しかしながら、国家資格がないとできない職業もあります。
主な国家資格を以下にご説明します。

国家資格がないとできない仕事

理学療法士

Physical Therapisut(PT)とも呼ばれます。
ケガや病気の患者さんが対象で、生活の基本動作能力を専門にリハビリテーションの分野で活躍するセラピストです。
理学療法士になるためには、専門学校や大学等で3年以上学び、国家試験に合格しなければいけません。
資格取得後は主に病院、クリニック、介護保険関連施設での勤務が一般的ですが、専門性を活かし運動分野や産前産後ケアでも活躍の場が増えてきました。

作業療法士

Occupational therapist(OT)とも呼ばれます。
日常生活の動作や、精神障害の患者さんも対象とする幅広いリハビリテーションの分野で活躍するセラピストです。
作業療法士になるためには、専門学校や大学等で3年以上学び、国家資格に合格しなければなりません。
資格取得後は病院やクリニック、障がい者施設や児童福祉施設、介護保険関連施設、保険分野、就労支援、教育分野など幅広く活躍の場があります。

言語聴覚士

Speech Therapist(ST)とも呼ばれます。
言語や聴覚、音声、認知、発達、摂食、嚥下等の障害がある患者さんが対象で、検査と評価の実施を行い、障害に対して訓練指導、支援を行い、リハビリテーション分野で活躍するセラピストです。
専門学校や大学等で3年以上学び、国家資格に合格しなければなりません。
資格取得後は病院やクリニックなど医療機関や介護保険関連施設、教育分野での勤務が一般的です。

鍼灸師

鍼灸師とは、はり師ときゅう師のそれぞれの国家資格を所持している者を指し、鍼灸師という名称は、法制度上は存在しません。
「はり」や「灸(きゅう)」を使って、健康回復を促したり、治療をします。
鍼灸師になるためには、専門学校や大学等で3年以上学び、国家資格に合格しなければなりません。
資格取得後はマッサージ院や鍼灸院での勤務が一般的ですが、他にもエステサロンやスポーツ施設、介護保険関連施設など、多岐に渡ります。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、東洋医学をベースに「あん摩」「マッサージ」「指圧」の3つの手法で、身体の不調を整えたり健康回復を促します。
あん摩マッサージ指圧師になるためには、専門学校や大学等で3年以上学び、国家試験に合格しなければなりません。
資格取得後は、主にマッサージ治療院でのが一般的です。
訪問マッサージなど福祉の分野の需要も増えています。
あん摩マッサージ指圧師のみではなく、はり師、きゅう師の資格も取得する人が多いようです。

国家資格がなくてもできる仕事

メンタルセラピスト

精神的な不調(うつ、睡眠障害、不安など)に対して、傾聴をしたり、カウンセリング、アドバイスなどを行う心理カウンセラーとも呼ばれます。
対面や電話、メール相談などがあります。
内容には様々な手法があり、専門のスクールなどで学ぶことが一般的です。開業して個人でカウンセリングを提供したり、クリニックや学校、企業でもニーズがあります。
今後もますます需要は高まる分野です。

アロマセラピスト

アロマテラピー(芳香療法)を使って、心身のケアを行います。
アロマトリートメントのような肌に触れるボディケアもあれば、香りを嗅いで癒すワーク、アロマクラフトづくりなどもあります。
色々なアロマテラピーの協会があり、スクールもたくさんあります。
開業してサロンを開いたり、出張トリートメント、または店舗サロンに勤める働き方もあります。
比較的認知度は高いセラピストの分野です。

リンパセラピスト

身体の中を流れるリンパをケアすることで、身体の不調にアプローチします。
基本的にオイルを使うので、アロマセラピストとも言えます。
エステティックな要素もあるので、女性向けのケアのイメージがあります。
開業してサロンを開いたり、出張トリートメント、または店舗サロンに勤める働き方もあります。
医療的なリンパケアの場合は、医師の指導の下行います。

ボディセラピスト

衣服の上から、身体をもみほぐします。
服を脱がないので、老若男女受けやすいサービスです。
指圧やストレッチなどの手技を使いますが、「マッサージ」と謳って施術ができるのは国家資格のあるセラピストになります。
リラクゼーション目的ということで、もっとも広く普及している分野です。
開業してサロンを開いたり、出張トリートメントもありますが、単価が比較的安価なので店舗勤務セラピストが多い傾向です。

資格(ディプロマ)を発行している団体

メンタルセラピスト系

日本臨床心理士資格認定協会

心理専門職として認知度、信頼度が高い団体です。
全国公立中学校や小学校にスクールカウンセラーとして派遣されている実績があります。
臨床心理士養成に関するスクールを受講することで受験資格を得ることができます。
申請書類1,500円、資格審査料30,000円、認定料50,000円です。

アロマセラピスト

公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)

日本最大のアロマテラピー協会で、アロマテラピー検定が広く知られています。
年に2回、1級2級の検定試験があり、ともに受験料は6,480円です。
1級合格後、プロフェッショナル資格としてアロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピストの資格があります。
それぞれ協会の指定する認定校でカリキュラムを受講し、試験に合格することが条件です。
協会費は年間12,000円(入会金10,000円)です。

ボディセラピスト

一般社団法人日本エステティック協会(AJESTHE)

日本のエステ業界の中で認知度の高い協会です。
協会認定校にて所定のエステティシャン養成コースを修了し、試験(10,560円)に合格することで正会員となれます。
入会金22,000円、年会費18,000円です。一般会員や、準会員などもあります。

一般社団法人日本リラクゼーション業協会

リラクゼーション業を営む上でのリスク管理や、サロン経験が少ないセラピストのための接遇をサポートするようなセラピスト検定(1級13,200円 2級7,700円)があります。
もみほぐしリラクゼーション系チェーン店も協会に所属しているところが増えているようで、優れたセラピストを決める大会なども開催されています。
検定受験の条件として、協会員であり、協会会員会社で100時間以上の研修を修了または、協会会員会社での実務経験が3か月以上必要です。

資格を取得できる通信講座

ヒューマンアカデミーたのまな

総合的な幅広い分野の専門学校ヒューマンアカデミーの通信部門に「たのまな」があります。
「たのしい未来へ導く、学びサポーター」からきているそうです。
校舎があるので、リアルセミナーや受講者同士のコミュニティーなどもあるようです。
ボディ系ではリンパケアセラピストの資格取得講座があります。
心理系は種類が多く、細分化されています。
継続割引やセット割引、紹介割引などの割引サポートがあります。

資格のキャリカレ

心理カウンセラーやボディ系セラピストなど幅広い講座が用意されていて、資格取得ができます。
特に施術の種類がとても多く、筋膜リリースセラピストなど、より細分化された専門的な手技メニューもあります。
2講座目が無料になるという嬉しいサービスもあるようです。
特に癒し、健康、ボディケアの分野が得意な通信スクールのようです。
webからだと申し込み割引があり、とてもお得です。

ユーキャン

通信講座と言えばのユーキャンですが、ボディセラピスト系の資格はありません。
アロマテラピー検定対応講座はありますが、ユーキャンの受講でのみ資格が取れるわけではありません。
心理系の講座はいくつかありますが、資格が取得できるのはカラーセラピストのみです。
ユーキャンを選ぶ人は、医療系の資格などが特に人気のようです。
失業保険ももらっている期間に学んで教育訓練給付金がもらえる講座もあります。

通信講座のメリット

通信講座は、自宅にいながら、働きながら好きな時間に、自分のペースで学ぶことができるのが大きなメリットです。
低価格で始められるので、仕事や育児をしながら、空いている時間に興味ある分野を学べるのが魅力的ですね。
セラピストは資格がなくてもできますが、「セラピーの引き出し」は多い方がセラピストとして需要はあるでしょう。
今は通信教育もオンライン対応しているものも増えたので、ずっと学びやすくなっていると思います。

まとめ

セラピストになるには、まずどんなセラピストになりたいのかによって、資格の有無が変わります。
癒しのリラクゼーションセラピストに資格は必要ではありませんが、人に触れる仕事なので幅広い知識が求められます。

接客スキルはもちろん、技術スキルは、経験値も必要です。
就職の場合は、経験値や資格取得も優遇されるケースがあるでしょう。
さまざまな分野のセラピストがいますので、まずはいろんなセラピーを体験してみてくださいね。

りえ
りえ

あなたがセラピストに向いてるかどうか知りたいようでしたら、以下の記事もご覧ください。

セラピストに向いている人、向いていない人

セラピストに向いてる人、向いていない人の性格や特徴とその理由【20選】
優 「セラピストになるには」の記事を読んで、セラピーの種類や資格、勉強法がわかりました。でも、自分がセラピストに向いているかどうか心配です。。 りえ そうですよね。人に接する...
この記事を書いた人
Rie

西八王子の自宅でアロマサロン&スクール sama-sama を主宰。
セラピスト歴17年。自身も二児の母で、産前産後と育児中のお母さんを応援するセラピストスクールを開催。

Rieをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
セラピストを目指す方へ耳寄りな情報をお届けします。
セラピストになるには
Rieをフォローする
セラピストを目指す方へLINEで情報配信しています!

セラピ道 LINE登録 QRコード
LINE登録は女性限定です。

セラピ道

コメント